信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

南ア・塩見小屋の定員増へ 伊那市建て替え計画、工事中も営業
2013/09/10 11:53

 南アルプス塩見岳(3047メートル)直下に伊那市が所有する塩見小屋の建て替え計画が動きだした。市が9日の市議会経済建設委員会協議会で計画概要を示した。現在いずれも木造平屋の食堂棟と宿泊棟を、1棟の食堂・宿泊棟(98・79平方メートル、木造平屋)にまとめるほか、宿泊棟(46・32平方メートル、同)を新築、トイレ棟も建て直す(7・59平方メートル、同)。定員は現在の30人から40人に増える。

 市商工観光部によると、小屋は1962(昭和37)年に建設。風雨で倒壊し、76年に再建された。新たな宿泊棟は2014年6月に着工し同10月に完成、食堂・宿泊棟とトイレ棟は15年6月着工で同10月に完成の予定。工期を2段階に分け、小屋が休業しないよう配慮した。

 塩見岳へは現在、下伊那郡大鹿村方面からの鳥倉林道を通る登山道が主要ルートになっている。伊那市は塩見小屋建て替え計画に関連し、同市長谷方面からの新たな登山道整備も検討中だ。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun