信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

カールに響く音色満喫 涸沢音楽祭開催
2013/08/18 10:25
YAMA2013081800147701.jpg

 標高約2300メートルの北アルプス・涸沢(松本市安曇)で17日、涸沢音楽祭が2日間の日程で始まった。好天の下、松本市を中心に県内外のアマチュア音楽家21人が演奏。300人を超える登山者が涸沢カールに響く音色を楽しんだ。

 山小屋「涸沢ヒュッテ」のテラスに設けた特設ステージで、金管楽器のファンファーレが響いて開幕。最初のステージで「穂高よさらば」が演奏されると、登山者も一緒に歌っていた。この日は計4ステージがあった。

 神奈川県鎌倉市の大矢貴一君(8)は音楽祭を楽しみに登山したといい「すごい景色と音楽が重なって思い出ができた」。初めて涸沢を訪れ、ビートルズのメドレーに聞き入った東京都台東区の会社員玉川厚子さん(44)は「大自然と音楽でストレスがなくなりました」と喜んでいた。

 音楽祭は実行委員会主催でことしで18回目。チューバ奏者で14回目の参加となる北安曇郡池田町の会社員加藤剛さん(40)は「(天気に恵まれ)気分よく演奏でき、お客さんにも楽しんでもらえた」と話していた。

写真説明:北アルプス・穂高連峰を背景に、涸沢カールに演奏が響き渡った涸沢音楽祭


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun