信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

涸沢音楽祭へ奏者息合わせ 17・18日の本番へ合同練習
2013/08/09 10:06
YAMA2013080900145401.jpg

 北アルプス南部の標高約2300メートルに位置する涸沢ヒュッテ(松本市安曇)で17、18日に開かれる「涸沢音楽祭」に楽器演奏で参加する18人が8日夜、松本市内に集まって練習した。日頃はフルートやクラリネットなど4パートがそれぞれに練習しており、事前の合同練習は1回限り。この日は音色やタイミングなどを全体で念入りに確認した。

 松本、塩尻の両市や群馬県高崎市などから集まった。音楽祭で一緒に演奏する「岳人の歌」「穂高よさらば」「エーデルワイス」の3曲を約1時間練習した。途中、奏者が互いに息継ぎのタイミングやテンポを遅く―などと指摘し合っていた。

 音楽祭は17日午後2時からと、18日の夜明けの時間帯に開く。音楽祭実行委員の伊藤一登さん(63)=安曇野市三郷明盛=は「涸沢カール全体に広がる音楽と大自然の調和を味わってほしい」と話していた。

写真説明:涸沢音楽祭に向け、全体練習で音を合わせた参加者たち


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun