信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

あんぜん登山の最前線 北アの遭難地点示した地図配布
2013/07/19 10:18
YAMA2013071900138801.jpg

 長野、岐阜、富山3県などでつくる「北アルプス3県合同山岳遭難防止対策連絡会議」は、夏山シーズンに合わせ、2012年に遭難事故が発生した地点を記した北アの地図を作り、主な登山口や登山用品店で無料配布している。登山者に、危険な場所を知った上で北アの大自然を楽しんでもらうためだ。

 同連絡会議は、北アで増える遭難事故の防止に向け2010年、岐阜県が長野、富山両県に呼び掛けて発足した。地図作りは昨年度から取り組んでいる。本年度は3県で計1万2千部を作り、長野県は2千部の印刷を受け持った。

 広げた状態でB2判の大きさ。表に槍・穂高連峰など北ア南部、裏に後立山連峰や剣岳など北ア北部の地図を載せた。岩場が多く遭難事故が多い槍・穂高連峰と剣岳周辺は、拡大図を添えて見やすくした。

 遭難発生地点の記号は、転落・滑落、転倒、落石の種類ごとに形を変えた。死亡、負傷、無事救助によって記号の色を変えてある。山小屋や登山道など基本的な情報も載せた。長野県観光企画課は「どこで事故が起きているか知らない人も多い。地図で危険な場所を認識してもらいたい」としている。

 残部は200部ほどで数に限りがある。問い合わせは同課(電話026・235・7250)へ。

写真説明:長野、岐阜、富山3県にまたがる北アルプスで昨年発生した遭難地点を示した地図


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun