信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

安全登山へ技術学ぶ 北ア七倉沢で講習会
2013/07/17 09:28
YAMA2013071700138501.jpg

 県山岳総合センター(大町市)は13〜15日、大町市にある北アルプス・七倉沢で安全登山の講習会を開いた。一年を通じて技術や知識を学ぶ「リーダーコース」の本年度5回目の講座で、県内外の28人が参加してロープを使った危険箇所の通過方法などを熱心に学んだ。

 パーティーのリーダーとして岩場の多いルートの登山ができる技量の習得を目指す同コースは計9回開催。今回2日目の14日は、ロープを使って垂直の岩壁を下ったり、沢を渡ったりした他、ツェルト(簡易テント)を使う河原でのビバーク(露営)訓練に取り組んだ。

 県内の社会人山岳会で活躍する7人が講師になり、7班に分かれた。講師歴20年余の榛葉伸男さん(52)=池田町=の班は、ロープで懸垂下降を練習。榛葉さんは「ロープは手荒に扱っちゃだめ」「講習中も気象変化はよく見て」と指導。4人の受講生は真剣な表情で聞いた。

 今回の受講生は県外からの参加が18人を占めた。東京都八王子市の会社員高安博喜さん(53)は、初心者だった4年前から同センターの講座を活用し段階的に学んできた。「技術書の内容が実地に即して理解できるようになる。受講生同士で登山するようにもなり山仲間ができるのもうれしい」と話していた。

写真説明:榛葉さん(右)の指導でロープの結び方を学ぶ受講生たち=大町市の七倉沢



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun