信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

駒ケ岳の「花の道」たどろう 8月10日、手描き地図基に
2013/07/10 10:06
YAMA2013071000136301.jpg

 駒ケ根市の市民団体「こまがね探し隊」が、中央アルプス駒ケ岳(2956メートル)の花々を楽しむ登山を8月10日に計画している。探し隊が2011年度に作り、パソコン画面でも見られる一帯の地図を印刷して活用。一般参加者を募り、中アの魅力を紹介する。当日たどるルートは高山植物が多い。「花の道」として花を重視した新たな地図にまとめ、公開する予定だ。

 探し隊は、公募で集まった同市の「協働のまちづくり市民会議」の元委員ら。山岳救助に長年携わった中嶋豊・前県警地域部長(長野市)の協力を得て作った手描きの地図はルート別に3種類あり、市のホームページで見られる。

 8月の登山には中嶋さんも同行する。ロープウエーで千畳敷まで上り、駒ケ岳を目指しながら、コマクサやヒメウスユキソウ、オヤマノエンドウの群生地などを探索する。探し隊の一員で、日本山岳ガイド協会認定ガイドの堺沢清人さん(77)=駒ケ根市=は「駒ケ岳山頂周辺は、どこにどんな花があるか場所を知らない人も多い。一帯の自然の素晴らしさを再認識してもらいたい」と話している。

 午前4時50分までに駒ケ根高原のロープウエー行きバス乗り場に集合。解散は午後5時半ごろの予定だ。参加費4300円(バス、ロープウエー代、保険料含む)。定員35人で先着順。22日までに探し隊事務局へファクス(0265・81・1033)で申し込む。問い合わせは堺沢さん(電話0265・83・5411)へ。

写真説明:中央アルプス駒ケ岳の花々を訪ねる登山で活用する地図



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun