信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

残雪多く不安定な登山道も 県警が夏山情報
2013/07/05 10:18

 県警地域課は4日、県内山岳の夏山情報(7〜8月)を発表した。昨季は、統計のある1954(昭和29)年以降過去最多の117件の遭難事故があり、死者は9人に上った。県警は、登山ブームの中、今季も同水準の遭難発生が予想されるとして注意を呼び掛けている。

 県内山岳の状況について同課は「まだ雪が多く残り、登山道が不安定な状態の山域もある」とし、「浮き石などに注意して登ってほしい」としている。昨季の遭難事故のうち90件は滑落や転倒が原因で、全体の77%を占める。

 また、頭部をけがする人が多く、遭難者の4分の1を占めている。県警などでつくる県山岳遭難防止対策協会は今季から、岩場の多い北アルプスなど5地域を「ヘルメット着用推奨山域」に指定し、登山者にヘルメット着用を呼び掛けている。

 県警は、夏山の遭難状況などをまとめた冊子を首都圏の登山用品店を通じて登山者に配布する他、6日には都内の登山用品店で県警山岳遭難救助隊員による登山相談コーナーを設ける。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun