信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

槍ケ岳Tシャツとバンダナ販売 鈴木ともこさんデザイン
2013/07/02 10:25
YAMA2013070200133201.jpg

 登山好きの女性「山ガール」を増やすきっかけとなった漫画の作者鈴木ともこさん(35)=松本市=が、北アルプス槍ケ岳(3180メートル)を題材にTシャツとバンダナをデザインし、山頂直下の槍ケ岳山荘で1日から、販売が始まった。鈴木さん、同山荘経営者の穂苅康治さん(64)、東京の小さなアウトドア用品メーカーが協力し、遊び心をちりばめた品に仕上がった。

 鈴木さんが一昨年、名古屋市で開かれたアウトドア関連の催しで、池内啓太さん(34)=東京都=と森美穂子さん(34)=同=の2人がその年に設立した会社「andwander(アンドワンダー)」の商品に一目ぼれ。鈴木さんは2人と交流するようになった。

 穂苅さんは松本市内で昨年開かれた山岳イベントで、鈴木さんに「山荘のお土産にイラストを描いて」と依頼した。快諾した鈴木さんが池内さんらに協力を求めたところ、池内さんの妻友美さん(31)が、穂苅さん経営の槍沢ロッヂを夏場に手伝っていると判明、3者が意気投合した。

 「登頂を思い出しつつ、街中で格好良く着られる」(鈴木さん)というTシャツの柄は2種類。槍ケ岳山頂近くにある鎖やはしごなど「登頂者しか分からないもの」が描かれた柄と、鈴木さんの漫画のキャラクター「槍ともこ」の柄で、それぞれピンク、カーキ、水色、黒色の4色ある。オコジョやおにぎりといった「登山のお楽しみ」を描いたバンダナは3色作った。

 Tシャツは、おしゃれに着られるよう襟首を広くし、速乾性と消臭効果がある素材を使った。Tシャツ4千円、バンダナ1200円。池内さんは今月中旬、槍ケ岳山荘で友美さんとの結婚パーティーを催す予定で「早く山荘でTシャツを見たい」。穂苅さんは「人の出会いが重なり夢のある品になった」と喜んでいる。

写真説明:完成したTシャツを手にする鈴木さん



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun