信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

「長衛荘」新名称公募へ 西駒山荘の改築イメージも公開
2013/06/18 10:20
YAMA2013061800129101.jpg

 伊那市は、南アルプス北沢峠(標高2032メートル)に所有する山小屋「長衛荘」の新名称を全国から公募する。山梨県南アルプス市が伊那市の働き掛けに応じ、同峠に所有する「北沢駒仙小屋」を「長衛小屋」と改めるため、登山客が混乱しないよう、伊那市も長衛荘の名を変える。山岳関係者や有識者らでつくる新名称選定委員会を設置し、10月に名称を決める。南ア北部を開拓した同市長谷出身の故・竹沢長衛にちなむ「長衛」は使わない方針だ。

 17日の市議会経済建設委員会協議会で報告した。また市側は、中央アルプス将棊頭(しょうぎがしら)山(2730メートル)に所有する山小屋「西駒山荘」の改築で、完成イメージ図を同協議会で示した。同山荘の原型で、小説「聖職の碑(いしぶみ)」で知られる1913(大正2)年の駒ケ岳遭難の2年後にできた石室(いしむろ)部分は残し、現在の平屋から2階建てになる。

 長衛荘の新名称は、8月1日〜9月末に山岳雑誌や新聞、市観光協会ホームページなどを通じて募る。市側は協議会で「次世代の南ア山岳観光を象徴する名称としたい」とし、「山荘」や「小屋」にはこだわらず、横文字も可―と説明した。市観光課の担当者は「将来も愛される名前を期待したい」としている。

 一方、西駒山荘の改築は、入札を経て7月に着工し、11月完成の見通し。新装オープンは来年7月12日の予定だ。

写真説明:伊那市が示した改築後の「西駒山荘」のイメージ


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun