信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

県山協が個人会員を募集 安全登山へ情報提供
2013/06/13 09:38
YAMA2013061300127501.jpg

 県山岳協会は12日、社会人山岳会などに所属していない個人会員の募集を始めた。山岳団体で構成する協会として、これまで個人の加入は受け付けてこなかったが、日本アルプスなど全国屈指の山岳を抱える信州の山岳団体として、県内外の登山者に安全登山の情報を提供したり、意識を高めてもらったりする目的だ。

 個人会員の居住地や年齢(未成年は保護者の承諾が必要)は問わず、年会費は1人5千円(家族で登録する場合、2人目以降は千円)。「遭難時の補償だけでなく、危険な場所に入るという心構えにもなる」(大西浩理事長)として、個人会員には原則として山岳保険に加入してもらう。

 個人会員は、加盟団体の会員しか参加できなかった県山協主催の登山講習会や救急講座への参加が可能。県山協が定期発行する情報冊子が届く他、個人会員同士の集いの場もある。山小屋の宿泊割引や登山用品店での割引も検討するとしている。

 大西理事長は「山岳団体として遭難防止や安全登山の普及に取り組む。登山を学びたい、山仲間をつくりたいという登山者に、日本アルプスのお膝元の団体としてタイムリーに情報提供したい」としている。

 申し込みや問い合わせは、大西理事長へ電子メール(tyosankyo−vp1@nmaj.org)で。

写真説明:個人会員の募集を始めた県山岳協会のウェブサイト


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun