信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山「満喫する日」 標高にちなみ平成25年6月8日
2013/05/22 09:46
YAMA2013052200120701.jpg

 小諸市の観光業者などでつくる浅間・高峰観光協議会は、浅間山の標高2568メートルにちなみ、平成25年6月8日を「浅間山を満喫する日」と名付け、イベントを企画している。山麓の6施設が、割安料金で記念登山を実施したり当日限定ランチメニューを提供したりする。同協議会は「新緑が最もきれいな時期。地元の人も足を運んでほしい」とPRしている。

 天狗(てんぐ)温泉浅間山荘(小諸市)従業員の花岡裕之さん(45)が4月下旬、休憩中に浅間山の標高が記されたポスターを眺め「ことしは平成25年6月8日があるな…」と気付いたのが始まり。花岡さんから「土曜日でもあるので、何かイベントを」と提案を受けた山荘代表で同協議会長の山崎幸浩さん(48)が「浅間山に親しむにはもってこいの日」と、協議会の他の会員にもイベント開催を呼び掛けた。

 当日は、NPO法人浅間山麓国際自然学校の高峰高原ビジターセンターが、同山荘前から前掛山を目指すガイド付き記念登山、アウトドア商品を詰めた福袋販売をそれぞれ「2568円」で実施する。同山荘、高峰温泉、菱野温泉薬師館、高峰高原ホテル、レストランのふわり家も、食事と入浴のセットなどを2568円や3千円といった割安料金で提供する。

 協議会はカラマツの幹を輪切りにして「2568」などと焼き印を入れたプレートを作り、6施設で配る。各施設のイベントの詳細や予約は、同協議会(電話0267・22・0959)へ。

写真説明:「浅間山を満喫する日」のイベントを提案した浅間山荘従業員の花岡さん


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun