信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

南ア「長衛祭」6月29・30日 小屋完成祝いや記念登山
2013/05/17 09:47
YAMA2013051700119501.jpg

 南アルプスの夏山シーズン幕開けを祝う「第55回長衛祭」は6月29、30日、伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠周辺で開く。峠の山梨県側で建て替えていた「北沢駒仙小屋」が「長衛小屋」として新装。完成祝いや登山の安全祈願の式典、仙丈ケ岳(3033メートル)への記念登山があり、参加者を募っている。

 長衛祭は、南ア北部の開拓に尽くした故竹沢長衛(旧長谷村出身)をしのび、両市などでつくる実行委員会が主催。1930(昭和5)年に長衛が建てた小屋は「長衛小屋」と親しまれたが、2006年に北沢駒仙小屋に改称。建て替えを機に伊那市が昨年、所有する南アルプス市に元の名称に戻すよう提案し、同市は関連条例を改正した。

 29日正午から完成祝いに続き、安全祈願と交流会がある。伊那市側の山小屋「長衛荘」では午前10時半から、同市長谷を拠点とする山岳写真家津野祐次さん(67)が南アの魅力について講演する。

 30日は記念登山。駒ケ岳と仙丈ケ岳を毎年交互に登ってきたが、55回を記念し、長衛の思い入れが深かった仙丈ケ岳を昨年に続き目指す。伊那山の会会員が引率する。長衛祭事務局の市長谷総合支所産業振興課によると、高山植物のコイワカガミやキバナシャクナゲなどが楽しめそうだ。

 長衛祭の参加費は1500円(小学生以下千円)。山小屋の宿泊費や食事代などは別途。申し込みは6月12日まで受け付け、定員(100人)になり次第締め切る。問い合わせは同課(電話0265・98・3130)へ。

写真説明:昨年7月の記念登山で仙丈ケ岳を目指す参加者


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun