信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

北アの山小屋に「春」 涸沢で荷上げ本格化
2013/04/17 15:15
YAMA2013041700110001.jpg

 北アルプス・穂高連峰を望む涸沢(松本市安曇)で17日午前、春山シーズンの営業開始に向け、雪に埋まった山小屋の掘り出しと荷上げ作業が本格的に始まった。ヘリコプターが、上高地の田代橋近くのヘリポートと涸沢を往復。涸沢ヒュッテと涸沢小屋の二つの山小屋の従業員や物資を運んだ。

 涸沢ヒュッテには30人と食料など2トンを運んだ。標高約2300メートルにある山小屋一帯は、例年より多い8~12メートルの積雪が残る。従業員たちは早速、次々と届く荷物を小屋に運び入れたり、周囲を除雪したりして汗を流した。上高地で開山祭がある27日から営業できるよう、従業員らは泊まり込んで準備する。

 4~5月の大型連休中、同ヒュッテではテント泊の客も含め約3千人の利用者を見込む。同ヒュッテ社長の山口孝さん(65)は「連休中の北アルプスはまだ『冬山』。登山者は装備をしっかりとしてほしい」と話していた。

写真説明:北アルプス穂高連峰を望む涸沢ヒュッテに荷物を運ぶヘリ=17日午前10時5分


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun