信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

環境型トイレ1回200円 中ア駒ケ岳の山荘で試行へ
2013/03/22 10:29
YAMA2013032200099001.jpg

 中央アルプス駒ケ岳周辺にある山小屋関係者らでつくる協議会は21日、上伊那郡宮田村の第三セクター宮田観光開発が経営する三つの山小屋で来年度以降、環境型トイレの使用料を試験的に1回100円から200円に上げる方針を了承した。同社は、トイレの維持費用に見合う収入を確保するためと説明。県内では100円としている山小屋が多く、県自然保護課によると、200円とするのは初めてとみられる。

 同社は駒ケ岳周辺で頂上山荘、宝剣山荘、天狗(てんぐ)荘を経営。2002年度に宝剣山荘で、11年度には頂上山荘でトイレを環境型にした。ともにし尿を微生物で分解、液化する土壌処理方式だ。同社によると、本年度、宝剣山荘のトイレの維持管理費は概算で約150万円。一方、宿泊客と通過登山者を合わせた使用料収入は約120万円だった。

 来年度は、頂上山荘と宝剣山荘で料金箱を置いて使用料200円を試行する。天狗荘のトイレも来年度中に環境型に整備し、利用を始める14年度から同額を求める方針。協議会はこの日、宮田村で開いた会合で、環境省の山岳トイレ整備補助事業の対象に天狗荘を推薦することも決めた。費用は約5千万円で、半額の補助を見込む。

 県自然保護課によると、県内では来年度、北アルプス南部、御岳山でも各1カ所の環境型トイレを整備予定で、使用料は1回100円となる見通しという。同課は「駒ケ岳はロープウエーで簡単に登れるため、登山者の意識も課題。駒ケ岳の試行を基に、他地域でも料金についての議論を広げたい」としている。

写真説明:環境型トイレの整備が計画されている天狗荘



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun