信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

山の安全、三歩隊員が伝える 漫画「岳」作者に任命式
2013/03/14 10:09
YAMA2013031400096001.jpg

 北アルプスや松本市を舞台に山岳救助をめぐるドラマを描いた漫画「岳」の主人公「島崎三歩(さんぽ)」が13日、県山岳遭難防止対策協会(会長・阿部守一県知事)の特別隊員に就任した。東京で開かれた式典で、阿部知事が作者の石塚真一さん(41)=千葉県我孫子市=に任命状を手渡した。今後、遭難防止のPRキャラクターとしてポスターやチラシなどに掲載される。

 石塚さんは「漫画を読んで山を始めた人がいるのはうれしい一方で、遭難事故も増え、責任を感じている。安全登山の役に立てるのはすごくうれしい」とあいさつ。漫画連載中に穂高連峰を登ったといい、「想像以上に険しく、長野県の山は気を引き締めて登らないといけないと思った」と話していた。

 式典に出席した県遭対協理事で県山岳協会の宮本義彦会長は「三歩が仲間になるのは大歓迎。多くの登山者に山の安全を伝えられる」と喜んだ。

 県が昨年に石塚さんと発行元の小学館(東京)に打診し、キャラクターの無償使用の許可を受けた。登山計画書の提出や自分の技量に合った登山をするなど具体的な注意点を示した三歩の「山登り10訓」を作り、チラシなどで登山者にPRしていく。

 「岳」は2003年から12年まで、小学館のコミック誌で連載。映画化もされ、単行本の発行部数は累計450万部に上る。主人公の島崎三歩は、小諸市出身で長野県警の山岳遭難救助隊と一緒に活躍するボランティア救助隊員という設定。

写真説明:県山岳遭難防止対策協会の特別隊員に任命された漫画「岳」の島崎三歩(右)と任命状を手にする作者の石塚真一さん



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun