信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

県警ヘリ「やまびこ2号」導入 山岳救助機動性発揮へ
2013/03/06 10:22
YAMA2013030600093901.jpg

 県警はイタリア製の中型ヘリコプター「やまびこ2号」を新たに導入し、5日、駐機する松本市の県営松本空港で公開した。馬力は現在運航している「やまびこ1号」の約2倍で、北アルプスなどの3千メートル級の山岳地帯でも高い機動性を発揮できるという。

 2号は全長16メートル余で、搭乗人員は1号より4人多い14人。最高速度は時速291キロ。赤外線カメラを備え、悪天候や夜間でも障害物などを確認できる。県警航空隊によると、1号は遭難者を1人しか乗せられなかったが、2号は気象などの条件が良ければ4人程度乗せられる。操縦士らの訓練後、ことし11月から本格運用する。

 県警はこれまで、山岳遭難救助などで1号と「しんしゅう」の2機のヘリを使用。「しんしゅう」は老朽化により近く廃機とする予定で、新たなヘリコプターを導入することになった。

 同隊によると、昨年、県内で発生した山岳遭難事故254件のうち、ヘリが出動したのは8割の203件。岩井洋芳隊長は「手足のように動かせるようにし、困難な状況下でも救助活動ができるようにしたい」と話していた。

写真説明:新たに導入された県警ヘリ「やまびこ2号」=県営松本空港



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun