信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

「信州登山案内人」制度 塩尻で初の座学研修100人学ぶ
2012/11/08 10:40
YAMA2012110800073501.jpg

 県が本年度から新たに始めた、山岳ガイドの資質や能力を見極めて登録を認める「信州登山案内人」制度の初の座学研修が7日、塩尻市の県総合教育センターで開かれた。中国の万里の長城付近で日本人ツアー客3人が死亡した遭難事故の直後だったこともあり、参加した県内のガイドら100人余が熱心に学んだ。

 県観光部によると、同制度の登録は3年に一度更新。移行措置で試験が免除された新制度以前の信州登山案内人も含め、遭難救助などの実技と、ツアー客らへの接遇などを学ぶ座学の研修を、登録期間中にそれぞれ1回以上受けることが義務とされた。

 この日の研修では、山岳ジャーナリストの菊地俊朗さん(松本市)らが県の山岳史などをテーマに講演。菊地さんは県内の山案内人は明治半ばから活躍し、歴史があると指摘。「現在は中高年登山者らが増え、山への知的好奇心が増している。信州の山の魅力を伝えてほしい」と呼び掛けた。

 白馬山案内人組合に所属するガイドの大谷ゆかりさん(37)=相模原市=は万里の長城の遭難事故などに触れ、「気象などの条件が悪いのに『せっかく来たのだから登りたい』というお客さんもいるが、無理だとはっきり言える自信がつくように学んでいきたい」と話していた。

写真説明:初めて開かれた信州登山案内人の研修会



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun