信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

朝から夜まで山の魅力を体感 涸沢フェスティバル開幕
2012/08/27 09:51
YAMA2012082700052001.jpg

 さまざまな催しを通して山を楽しみながら、登山文化や安全な山登りなどについても考える「涸沢フェスティバル」が26日、標高約2300メートルの北アルプス・涸沢を主会場に3日間の日程で始まった。初日は涸沢カールで開会式があり、登山者や山小屋関係者ら約250人が3000メートル級の峰々を仰ぎ見ながらワインで乾杯、開幕を祝った。

 出版社の「山と渓谷社」が、一帯の山小屋と協力して開いている。26日夜は山小屋の明かりをろうそくの火だけにする催し「キャンドルナイト」があった。涸沢ヒュッテでは午後8時すぎに一斉に消灯。ほのかに光るろうそくの火が夜風に揺らめいた。火を吹き消すと、穂高連峰が夜空に黒く浮かび上がる。「月の光が青白いことを初めて実感した。とてもロマンチック」と、横浜市から訪れた会社員太田さとみさん(26)。

 涸沢に通じるルート沿いにある徳沢、横尾を含めた各会場では期間中、早朝の澄んだ空気の中での「朝ヨガ」、遭難時の応急処置方法や登山技術を学ぶ講習会などの催しが開かれる。

写真説明:雪渓の残る北ア・涸沢で「涸沢フェスティバル」の開幕を祝う参加者


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun