信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

北アのシカ目撃情報を教えて 対策連絡協がチラシ配布
2012/08/24 10:21
YAMA2012082400051401.jpg

 環境省、林野庁と長野、岐阜、富山、新潟4県などでつくる中部山岳国立公園野生鳥獣対策連絡協議会は今月、北アルプスで分布を広げるニホンジカの目撃情報を提供するよう、登山者らにチラシで呼び掛けを始めた。高山植物を大量に食べて壊滅させるなどの影響が懸念されるシカの詳しい分布状況を調べ、対策に生かす。

 北アでは2010年以降、長野県側の白馬岳中腹や上高地近くの登山道沿いでシカが目撃されたり、岐阜県側の乗鞍岳高山帯でふんが確認されたりしている。これを受け、同連絡協は「白馬岳」「上高地―乗鞍岳」へのシカの侵入対策を急ぐ方針。分布状況を元に、駆除を優先する地域の判断などに活用する。

 チラシは南アルプスで高山植物群落がシカに食べ尽くされた現状や、シカとカモシカの見分け方を写真で説明。目撃位置を書き込む地図や日時、頭数などの記入欄がある。情報を提供する人は、同連絡協事務局の環境省松本自然環境事務所にファクスなどで送る。

 同事務所は「調査が美しい自然を守ることにつながる」と協力を呼び掛けている。チラシでは、イノシシの目撃情報も募っている。問い合わせは同事務所(電話0263・94・2024)へ。

写真説明:北アルプスの山小屋などで配っているチラシ(右)。ポスターでも情報提供を呼び掛けている=松本市安曇の上高地インフォメーションセンター


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun