信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

涸沢音楽祭、晴れの幕開け 雷雨一転 100人超が耳傾け
2012/08/19 09:08
YAMA2012081900049701.jpg

 北アルプス・涸沢の涸沢ヒュッテで18日、涸沢音楽祭が2日間の日程で始まった。直前まで雷を伴う激しい雨が降っていたが、午後2時に開演を告げるファンファーレが響く時には日の光が差す劇的な幕開け。県内外のアマチュア金管楽器演奏家22人が熱演し、100人を超す登山者が音色を楽しんだ。

 演奏者全員で奏でる「岳人の歌」が皮切り。人気グループ「いきものがかり」のヒット曲「ありがとう」では、涸沢ヒュッテ会長の小林銀一さん(81)の孫で松本市鎌田小6年の市川絵梨さん(12)がメンバーの一員として初出演し、トランペットを奏でた。

 3歳から涸沢に来ている市川さんは、音楽祭参加が念願だった。「おじいちゃんやたくさんの人の前で演奏できてうれしかった。毎年続けたい」と目を輝かせた。

 ビートルズの「ヘイ・ジュード」を手拍子をしながら聴いた兵庫県西宮市の藤井みずほさん(54)は「奇跡的な晴れでドラマチック。涸沢で聞く音楽は体の真ん中に入ってくる気がする」と話した。

 音楽祭は実行委員会主催で17回目。委員の伊藤一登さん(62)=安曇野市=は「観客、演奏者、スタッフが一体になった素晴らしい音楽祭になった」と話していた。夕食後は食堂で「コニャックとワインの夕べ」も催され、木管楽器などの演奏があった。

写真説明:穂高連峰の絶景をバックに音色を響かせたアマチュア演奏家たち



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun