信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

上高地の遊歩道 自転車乗り入れ対策強化
2012/08/04 10:04
YAMA2012080400045501.jpg

 北アルプス・上高地(松本市安曇)で遊歩道などへの乗り入れが禁止されているにもかかわらず自転車の進入が増加しているのを受け、今シーズンから環境省松本自然環境事務所(松本市)などが看板の他、注意を呼び掛けるカードも作り、自転車運転手に配るなど対策を強化している。遊歩道を走って登山者と接触しそうになる危険な事例もあるためだ。

 カードは、自転車も通行できる県道上高地公園線の釜トンネル入り口で上高地まで向かう運転手に監視員が配布。縦約7センチ、横約10センチの大きさで、「上高地バスターミナルより先へは自転車は入れません」と表に書かれ、裏には乗り入れ禁止区間などが地図で示されている。

 同事務所によると、上高地公園線を利用した昨年の自転車台数は379台。同線の終点となる上高地バスターミナルより奥の梓川沿いに走る治山運搬道路や遊歩道は、工事用など許可車両以外の通行は禁止されている。同事務所は2010年に乗り入れ禁止の看板を設置し、バスターミナルに駐輪場を設置するなど対策をしてきた。

 だが、遊歩道などに乗り入れる自転車は後を絶たず、集団走行や、槍ケ岳や穂高連峰に向かう手段として横尾まで乗り入れる「常習者」もいるという。同事務所担当者は「乗り入れが禁止されていると知らないで入り込んでしまう人もいるのでしっかり注意していきたい」としている。

写真説明:自転車の遊歩道乗り入れを禁止する看板=7月中旬、上高地バスターミナル付近



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun