信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

横岳の「台座の頭」にコマクサ群落 夏の花終盤
2012/08/03 09:53
YAMA2012080300045201.jpg

 八ケ岳連峰で夏の花の盛りが最終盤を迎えている。横岳(2829メートル)の花の名所「台座の頭(かしら)」では、開花時期が長いコマクサの群落がまだ斜面を覆い、登山者が名残惜しそうに写真に収めている。

 台座の頭では近年、ニホンジカによる踏み荒らしが深刻化。2010年に八ケ岳周辺の市町村でつくる南北八ケ岳保護管理運営協議会などが、約4800平方メートルを囲う防護ネットを設けた。ネット内で咲き誇るコマクサを見かけた登山者は薄紅色の花にレンズを向け、「こんなに小さいのに懸命に咲いてるね」。佐久市から妻と日帰りで訪れた井出卓男(たかお)さん(60)は「岩場に咲く存在感が独特。他の花を寄せ付けないようなパワーがある」と話していた。

 近くの硫黄岳山荘によると、八ケ岳の夏の花は6月中旬から順次開花。コマクサが最後まで残り、お盆ごろまで楽しめるという。

写真説明:横岳の登山道脇の斜面に咲くコマクサ



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun