信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

ヒノキのホルン雲上に響く 御嶽神社頂上奥社で開山祭
2012/07/11 09:48
YAMA2012071100037701.jpg

 木曽郡王滝村の御岳山・王滝頂上(2936メートル)にある御嶽神社頂上奥社で10日、開山祭が行われた。神社や王滝村の関係者ら約40人が出席、一般の登山客も訪れた。同郡大桑村と岐阜県美濃加茂市を拠点とする二つのアルプホルンクラブが合同で演奏を披露。ヒノキで作られたホルンの雄大な音が、雲上に響いた=写真。

 アルプホルン演奏は、大桑村のクラブが2008年から始めた。美濃加茂市のクラブには、大桑村のクラブが主催する講座でアルプホルンの作り方を学んだ人がいる縁で、昨年から一緒に演奏している。ことしはアルプホルン13本を使い4曲を披露。「めったに聞けない」と感激する登山客もいた。

 この日の奥社一帯はガスが立ち込めたが、時折晴れて山頂の剣ケ峰(3067メートル)の眺望も楽しめた。クラブ会員は奉納演奏に先立ち、剣ケ峰を背に演奏。指揮した大桑村のクラブ会長、田中昭三さん(84)は「これまでで一番いい天気の中で演奏できた」と満足そうだった。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun