信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

石室の宿泊ことし限り 中ア「西駒山荘」来年度改築
2012/06/20 10:04

 中央アルプス将棊頭(しょうぎがしら)山(2730メートル)の山小屋「西駒山荘」を所有する伊那市などが、1913(大正2)年の学校登山の遭難を教訓に建てられた石室部分に泊まれるのは「ことしが最後」とPRしている。来年度に予定する小屋の改築で、石室部分は休憩専用になるためだ。改築費用の一部は寄付で賄う方針。関心を高める狙いもあり、遭難を描いた映画「聖職の碑(いしぶみ)」の上映、小屋へのツアー登山などを企画している。

 市によると、石室は、13年の遭難で救助に向かった麓の住民らが15年、現地の岩を割って築造。現在は北側に木造の増築部分があり、計約120平方メートルで40人を収容する。改築で石室部分は一部を積み直して休憩用に、建て替える増築部分を宿泊用にする。

 費用は約6千万円を見込むが、山小屋改築に国や県の補助はない。市は起債(借金)などを検討する一方、募金もする考え。観光課は「小屋の歴史を多くの人が知り、協力してもらえるようにしていきたい」とする。

 映画は78年制作で、原作となった同名小説の著者新田次郎(12〜80年、諏訪市出身)の生誕100年記念事業として市などが上映を企画。伊那市の旭座で7月1日午後5時から、配給した東宝の関係者がロケ支援組織への期待などを話した後、同6時から上映する。2〜20日も、午前10時と午後1時からの一日2回上映する(火曜定休)。

 ツアー登山は、西駒山荘を経営する第三セクター伊那市観光が8月5、8日、9月1日に1泊で企画し、定員は各15〜20人。山荘管理人の宮下拓也さん(35)が同行し、同市の内の萱から駒ケ岳(2956メートル)への「桂小場(かつらこば)ルート」をたどる。8月5日は「伊那まつり」の花火大会を小屋の近くから見下ろす計画だ。

 13年の遭難は、駒ケ岳を目指した中箕輪尋常高等小学校(現上伊那郡箕輪町箕輪中学)の生徒や教師ら37人が暴風雨に遭い、11人が死亡。将棊頭山付近に碑が建てられた。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun