信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

「自然への畏敬の念忘れずに」 針ノ木雪渓で慎太郎祭
2012/06/04 09:45
YAMA2012060400027301.jpg

 日本三大雪渓の一つ、北アルプス針ノ木岳(2821メートル)の針ノ木雪渓で3日、第55回針ノ木岳慎太郎祭が開かれた。県内外の約200人が残雪を踏み締め、濃い緑から芽吹きへと、高度を上げるにつれ初夏から春に戻っていく雪渓の涼味を満喫していた。

 大町市を拠点に日本初の登山ガイド組合をつくった百瀬慎太郎(1892〜1949年)の功績をたたえる行事。時折ガスに巻かれる天気ながら、一行は標高1800メートル付近の雪渓上で安全を祈願し、標高2500メートルの針ノ木峠を目指す記念登山や自然観察会をそれぞれ楽しんだ。

 仲間4人で北九州市から参加した高城季美子さん(62)は「九州にはこんなに雪がないから」と感激。松本空港などの利用で北アも近くなっているだけに、「自然への畏敬の念を忘れずに―という(西沢泰夫・大会長の)祭典あいさつが印象に残りました」と話していた。

写真説明:針ノ木峠目指して雪渓を行く記念登山の参加者たち



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun