信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

御岳ロープウェイ営業開始 昨季より1カ月早く
2012/06/02 10:34
YAMA2012060200026001.jpg

 御岳山(標高3067メートル)の山麓を運行する「御岳ロープウェイ」(木曽町三岳)の今季の営業が1日、始まった。残雪の御岳山の景色を楽しんでもらおうと、昨季より1カ月早く運行を開始。観光客は早速、高地からの眺望を楽しんでいた。

 ロープウエーは、標高1570メートル地点にある鹿ノ瀬(かのせ)駅から、2150メートルにある飯森高原駅までを運行し、所要時間は片道14分ほど。友人2人と飯森高原駅周辺を散策した埼玉県所沢市の女性(60)は、「雪が残る御岳山を見られて良かった」と満足そう。

 運行を担うアスモグループ(木曽町)によると、7月1日から4カ月余運行したロープウエーの昨季の利用客は約7万9千人。11月11日まで運行する今季は、鹿ノ瀬駅近くの花畑の面積を2倍に広げたり、残雪を楽しむ御岳山のトレッキングツアーを企画したりして誘客を図る。今(こん)孝志社長は「まずは多くの人に残雪の御岳山を楽しんでもらいたい」と話している。

写真説明:残雪の御岳山を楽しんでもらおうと、昨季より1カ月早く営業を開始した御岳ロープウェイ


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun