信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

山好き誘う北アの春風 上高地開山祭
2012/04/28 10:33
YAMA2012042800014401.jpg

 北アルプス・上高地(松本市安曇、標高約1500メートル)で27日、本格的な観光シーズン到来を祝う「第44回上高地開山祭」が開かれた。さわやかに晴れたこの日、会場の河童橋のたもとからは残雪の穂高連峰が迫り来るように望め、観光客が見上げながらシャッターを切っていた。

 約2千人が集まり、式典が始まる午前11時前には河童橋の中ほどまで人でびっしり。開幕に合わせ乗鞍アルプホルン愛好会の厳かな音色が響くと、拍手を送った。

 安全を祈願する神事に続き、開山祭実行委員長の青柳薫・上高地町会長は「昨年は私ども上高地も土石流で大変だった。素晴らしい自然の恵みをいただきながら、防災も一生懸命に取り組みたい」とあいさつ。菅谷昭松本市長は梓川の河床上昇、山岳トイレの在り方、ニホンジカ侵入対策など課題に触れ「岳都松本の責務を果たすべく、解決の道を探りたい」と述べた。

 愛知県小牧市から訪れた岡山耕之介さん(75)は式典後、河童橋近くの梓川のほとりで友人とお弁当。「いやー、穂高岳が見えるし、風はさわやかだし、もう最高」と上機嫌だった。

写真説明:アルプホルンの演奏を合図に始まった第44回上高地開山祭を見守る大勢の山岳愛好者たち=27日、松本市安曇



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun