信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

南アルプス林道バス運行開始 伊那市が南ア北部開山祭
2012/04/26 10:08
YAMA2012042600013101.jpg

 伊那市長谷戸台口(とだいぐち)と南アルプス北沢峠(標高2032メートル)を結ぶ市営南アルプス林道バスが25日、歌宿(うたじゅく)(1680メートル)までの運行を始めた。歌宿では、運行開始をPRしようと、市が初めて4月に南ア北部開山祭を開催。青空に映える鋸岳(のこぎりだけ)を背に、長谷中3年生14人が「南アルプス太鼓」の力強い音色を響かせた。

 開山祭は、2006年までは同バスの全区間運行が始まる6月中旬に、07年以降は南ア北部の開拓者竹沢長衛(ちょうえい)(旧長谷村出身)をしのぶ「長衛祭」に合わせ、北沢峠などで開いてきた。歌宿までの部分運行開始時は、バスの出発式だけをしていた。

 伊那、山梨県南アルプス両市の関係者ら約70人が、バス運行や登山の安全を祈願。太鼓の打ち頭を務めた西村清剛(きよかた)君(14)は「南アは季節ごとに変わる景色が魅力。太鼓を通じて長谷の素晴らしさを伝えられた」と話した。

 同バスは1日4往復で、戸台口―歌宿間は中学生以上900円。全区間運行は6月15日から。伊那市南ア林道管理室によると、昨年は4万1375人が利用した。北沢峠の山小屋「長衛荘」も25日、今季の営業を開始した。

写真説明:歌宿で鋸岳を背に太鼓を響かせる長谷中3年生



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun