信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

大見山南峰、新コース登り開山祭 諏訪地方の愛好会
2012/04/23 09:57
YAMA2012042300011701.jpg

 諏訪地方などの登山愛好家でつくる「諏訪・百名山に登る会」は22日、諏訪市と下諏訪町境の大見山南峰(1365メートル)の頂上にある展望台で初の開山祭を行った。同会会員らが1年掛かりで整備し、昨年11月に完成した登山コースを会員ら18人が3時間ほどかけて登り、今季の登山の安全を祈願した。

 参加者たちは、展望台近くの斜面に開山祭に合わせて植えたシダレザクラの根元に丁寧に土をかけていった。曇りだったが、展望台からは諏訪湖を一望でき、参加者からは「きれい」と声が上がった。

 開山祭後、参加者は下諏訪町側の北峰(1355メートル)にある避難所に移動し、同会会員が作った豚汁を味わった。同会で大見山の整備を担当する河西邦彦さん(69)=諏訪市小和田=は「これからの季節は広葉樹の新緑がきれいに色づく」と春の大見山の見どころを話した。唯一、一般参加した藤森正人さん(80)=諏訪市大和=は「(大見山の)名前はよく知っていたけれど登ったのは初めて。コースを覚える良い機会になった」。

 同会はこれまで、大見山の登山道に道標を設置したり、登山口近くに登山計画書を入れるポストを設置したりする活動を続けている。今後は、下諏訪町などの協力を得て北峰からJR下諏訪駅近くまでの登山道整備に取り組む。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun