信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

北ア、秋と冬が交錯 好天続いた3連休にぎわう
2011/10/12 10:35
YAMA201110120141270117917824.jpg

 好天が続いた3連休(8~10日)の北アルプス南部は、紅葉を期待した登山客でにぎわった。ことしは色づく時季に厳しく冷え込んで枯れ葉も目立ち、錦秋とは程遠い状況。標高3千メートル級の稜線(りょうせん)は、冬の訪れも感じさせる。

 8日朝、涸沢へ向かう上高地・横尾は登山客でごった返し、トイレは長蛇の列。横尾谷を見上げ、くすんだ色合いにがっかりした様子の写真愛好家もいた。

 氷点下5・5度に下がった9日早朝、要塞(ようさい)のような山容の北穂高岳(3106メートル)が眼前に迫る南岳(3032メートル)は、雪をまとっていた。山頂に立った愛知県春日井市の和田勝さん(67)は「初冬の雰囲気。北アの今季の登り納めです」。

 一方、花こう岩の白とハイマツの緑がコントラストをなす燕岳(2762メートル)を望む縦走路は冬の気配が薄かった。10日昼、インターネットで知り合った山仲間「山楽会」の13人が通過。山ガールファッションの小野涼子さん(35)=横浜市=は「景色がたまらない。山登りはずっと続けたい」と満足そうだった。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun