信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山などに「降灰警報」 気象庁、13年度末に導入へ
2011/10/01 10:03

 気象庁は30日、火山噴火時に火山灰が降灰する恐れがある地域と量を示して警戒を呼びかける「降灰警報」を2013年度末に導入する方針を明らかにした。対象には浅間山など主要な火山を想定、13年度末以降、地元自治体との協議が調うなどした火山から発表を始める予定だ。

 同庁は08年3月から「降灰予報」として降灰が予想される範囲を示している。「降灰警報」では、範囲に加えて予想される量も示すことで、農作物や交通機関などへの影響を軽減させる狙いがある。

 同日明らかにした来年度予算の概算要求で、有識者による検討会の設置など調査費2千万円を計上した。検討会は警報の基準や発表のタイミングなどをまとめるほか、降灰による社会活動への影響などを調査する。

 現在の降灰予報は、噴煙の高さが3千メートル以上か、5段階の噴火警戒レベルで3(入山規制)以上の噴火が起きた場合におよそ6時間先まで、1時間ごとに降灰が予想される範囲を地図上に示している。同庁によると、県関係では浅間山が09年2月に小規模噴火した際に降灰予報を発表している。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun