信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

上高地で「ウェストン祭」 被災地に祈り
2011/06/06 13:54
YAMA201106060135990198782950.jpg

 日本山岳会信濃支部は5日、日本アルプスを世界に紹介した英国人宣教師ウォルター・ウェストン(1861〜1940年)の功績をたたえる「ウェストン祭」を、松本市安曇の上高地にあるウェストン碑前で開いた。新緑が輝く中、約400人が参加。同市安曇小学校の児童が碑に献花し、本格的な夏山シーズンの到来を祝った。

 ウェストン祭はことしで65回目。この日は山で亡くなった人だけでなく、東日本大震災の犠牲者にも黙とうをささげた。支部長の飯村富彦さん(66)=松本市中山=は「大震災には自然の恐ろしさを教えられたが、きょうのような穏やかな日は、自然は心を癒やしてくれる」とあいさつした。

 会場では、同市が昨年に松本観光大使に任命した登山家の田部井淳子さん(71)の講演もあった。福島県出身の田部井さんは、震災で避難している人たちと13日に同県の裏磐梯高原をハイキングするといい「新緑を見て、被災者に少しでも元気になってほしいと思っている」と語った。

 岐阜県下呂市から妻と訪れた田添幹夫さん(73)は「ウェストン祭には毎年来ている。今年も元気で来ることができ、ほっとしている」と話していた。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun