信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

大型連休中の山岳遭難21件8人死亡 過去10年間で最悪
2011/05/10 10:41
YAMA201105100134710170604996.jpg

 大型連休中(4月29日~5月8日)に県内山岳で発生した遭難は21件、死者は8人、行方不明者は2人で、件数、死者数は過去20年間で1992年の22件、10人に次いで多かったことが9日、県警地域課のまとめで分かった。過去10年間では最多だった。

 4月29日に北アルプス白馬岳の白馬大雪渓で起きた雪崩で2人が死亡、1人が行方不明。同30日には10件の遭難が集中し、死者3人、負傷者10人に上った。同課は「30日は午後に天候が急変し、雷雨と強風で滑落や凍死などが発生した」とみている。山系別の死者は、北アの後立山連峰3人、常念山系3人、槍・穂高連峰1人と、八ケ岳連峰1人だった。

 遭難の原因は転・滑落10件・12人(死者2人)、雪崩1件・5人(死者2人、行方不明者1人)、凍死3件・3人(死者3人)、転倒4件・4人、病気1件・1人、落雷1件・2人(同1人)で、ほかに行方不明が1人。白馬岳で3日に体調不良を訴えた都内の会社員男性(27)以外は、40代以上だった。

 地域課によると、大型連休中の遭難は登山ブームが到来した1971(昭和46)年に34件発生し、19人が死亡した例がある。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun