信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

八ケ岳で冬山合同救助訓練 諏訪と南佐久の遭対協など
2011/02/24 10:12
YAMA201102240131450173721692.jpg

 諏訪地区と南佐久地区の山岳遭難防止対策協会、茅野署、佐久署は、八ケ岳の天狗岳で初の合同冬山遭難救助訓練を行った=写真。八ケ岳連峰の東西を管轄する両地区の遭対協が連携を強め、冬山での救助技術を向上させるのが目的だ。

 約30人が参加して、19、20日の両日に実施。県警山岳救助隊員を講師に、雪崩に巻き込まれた人の救助訓練などに取り組んだ。雪に埋もれた人の救出訓練では、埋まっている人の位置を知らせるビーコン(電波送受信機)での捜索のほか、長さ約3メートルのゾンデ棒を、雪の中に突っ込んで人を探る方法も使った。命綱を着け、細い尾根を移動する訓練もした。

 茅野署の宮崎茂男地域課長は「里は春でも山は5月まで雪が残る。雪崩のほか、滑落や凍傷、登山道が見えず道に迷うなどの危険がある。登山者は、装備や計画をよく考えておいてほしい」と話していた。同署管内でことしに入ってからの遭難救助は3件。いずれも単独登山者で、道に迷ったのが原因という。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun