信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

八ケ岳・南アにも登山相談所設置
2010/12/30 10:18
YAMA201012300129700132699765.jpg

 八ケ岳連峰や南アルプスの登山口に31日まで、地元の山岳遭難防止対策協会(遭対協)が冬山相談所を設置している。年始にかけて荒れた天気が予想されることから、遭対協の隊員たちは「装備をしっかりし、無理な行程は避けて」を呼び掛けている。

 諏訪地区の遭対協と茅野署は29日、八ケ岳の主峰・赤岳方面への登山口となる茅野市の美濃戸口など2カ所に相談所を設けた。美濃戸口で遭対協の隊員は、大きな荷物を背負った登山者に「気象状況が悪くなったら、早めに引き返して」などとアドバイス。東京から妻、長女と3人で訪れた観光業の安村淳さん(64)は「首都圏から近いのに本格的な登山が楽しめるので、20年以上前から来ています」と話していた。

 南アルプス北部地区の遭対協が伊那市長谷戸台の登山口に開設中の相談所では遭対協隊員16人が交代で常駐。名前や住所、行程を記した登山届の提出を登山者に呼び掛け、滑落防止のアイゼンを持っているかなどを確認。29日は登山者約30人が訪れた。隊員で同市職員の西村和樹さん(30)は登山者に、山梨県境の北沢峠(標高2032メートル)は積雪が約1メートルあると注意を呼び掛けていた。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun