信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

槍ケ岳初登頂ルート踏破 播隆上人案内の中田又重子孫
2010/08/31 10:29
YAMA201008310124900169477293.jpg

 江戸時代に北アルプス・槍ケ岳(3180メートル)に初登頂した修行僧、播隆上人(1786~1840年)を案内した中田又重(1795~1852年)の子孫2人が、安曇野市三郷小倉の自宅近くから蝶ケ岳(2677メートル)などを越える初登頂時とほぼ同じルートを踏破した。30日、槍ケ岳山頂に着き、わらじ履きで道なき道を登った祖先の偉業に思いをはせた。

 登ったのは自営業中田喜夫さん(60)と農業中田信一郎さん(33)。28日早朝、2人は又重の墓に手を合わせて安全祈願し、大滝山(2616メートル)などを越えて蝶ケ岳へ。2日目は蝶ケ岳の稜線(りょうせん)から「槍見沢(やりみさわ)」脇の尾根を槍沢への登山道に向けて下った。尾根には登山道がなく、急な斜面が連続。背丈以上あるササなどをかき分けながら進んだ。

 30日昼すぎ、槍ケ岳山頂に着くと、がっちり握手。今回の登山を企画した信一郎さんは「文献では分からない実際の苦労が分かった」。喜夫さんは「(又重は)本当にすごいことをした。自分たちの誇り」と感動していた。

 播隆上人を研究する槍ケ岳山荘会長穂苅貞雄さん(88)=松本市=によると、又重は山中で衰弱した上人を背負って下山したこともあり、槍ケ岳山頂直下に安全に登れるよう鎖を取り付けた功績がある。今回の登山には、友人や山小屋の従業員も協力し、同行した。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun