信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

中央・南アの気象情報を携帯に 伊那市がサイト開設
2010/08/19 09:43
YAMA201008190124280195536437.jpg

 伊那市は、中央、南の両アルプスにある市営の山小屋で観測した山岳の気象情報を、携帯電話から見られるようにしたウェブサイトを開設した。これまでパソコン向けに情報提供してきたが、登山中に最新情報を確かめ、より安全な山行につなげる狙いだ。

 中ア・将棊頭(しょうぎがしら)山の西駒山荘と、南ア・仙丈ケ岳の仙丈小屋に設けた機械で気圧や風向き、風速、気温、湿度、雨量を測り、無線LANで委託先の民間気象会社へデータを送信。同社がサイトに掲載する。サイト上では10分ごとにデータを更新。落雷の注意や翌日の天気などを知らせる同社の予報も載せている。

 両小屋の指定管理者の伊那市観光株式会社によると、昨年の仙丈小屋の宿泊者は前年比315人増の3013人、西駒山荘は同75人増の457人。今季も天候に恵まれて客足は好調だが、同社は雷の多い午後にも登り続けたり、地図を持たなかったりと「知識や情報を持たない入山者も少なくない」と指摘。「気象情報も小まめにチェックしてほしい」としている。

 市総務課は、山岳気象情報の携帯サイト(http://mt.gda.jp/)につながる2次元バーコードを載せたポスターを作り、南ア林道バス内などでPRしている。中アの登山口などへの掲示も検討中だ。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun