信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

乗鞍・畳平で熊情報相次ぐ 登山道・散策路立ち入り禁止
2010/08/17 10:30
YAMA201008170124200197229845.jpg

 松本市と岐阜県高山市にまたがる乗鞍岳の登山口の一つ、畳平バスターミナル(高山市丹生川町)周辺で熊の目撃情報が相次ぎ、すべての登山道や散策路への立ち入りが規制されている。現地は濃霧で視界が悪い状態が続いており、岐阜県などは天候回復を持ってパトロールし、熊がいないことを確認できれば規制を解除する考え。畳平では昨年9月、熊に襲われ観光客ら10人が重軽傷を負った。

 岐阜県地球環境課によると、13日午後、長野県道乗鞍岳線(乗鞍エコーライン)の県境ゲートの長野側で1頭、岐阜側の魔王岳山頂北側斜面で1頭が、それぞれ目撃された。岐阜県や飛騨森林管理署は14日、大黒岳と魔王岳への登山道を立ち入り禁止にした。

 15日午前にも、岐阜側の不消(きえず)ケ池周辺で1頭が目撃され、同日、規制をバスターミナル駐車場以外のすべての登山道や散策路に拡大した。岐阜県によると、3カ所で目撃された熊が同一個体かどうかは不明。

 松本市安曇の乗鞍高原と畳平を結ぶシャトルバスが発着する乗鞍観光センターでは、バスを運行する松本電鉄の社員が熊の目撃情報と入山規制について説明。畳平へ行く観光客は例年の4分の1ほどに減っているという。

 16日、説明を受け畳平行きをやめた浜松市の鈴木章吾さん(65)は「自然が相手なので仕方ない」と話していた。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun