信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

八ケ岳開山祭6月6日 茅野で記念品の準備
2010/05/20 09:35

 夏山シーズンの到来を告げる八ケ岳の開山祭を6月6日に控え、八ケ岳観光協会や茅野市観光連盟、茅野山岳会は19日、茅野市役所で、式典に参加する登山者に贈るピンバッジなど記念品の袋詰めをした。開山祭は同日正午から、赤岳(2899メートル)と北横岳(2480メートル)の両山頂でそれぞれ行う。

 ピンバッジは毎年、八ケ岳の植物を題材にしており、56回目の今年は白い花が咲くマイヅルソウを選んだ。鶴が羽を広げたような葉の形が名前の由来。赤岳神社のお札と一緒に袋に入れる作業をした約30人の関係者は「天候に恵まれて登山者が増えてほしい」と期待していた。

 開山祭は遭難者の追悼や安全祈願の神事などをする。悪天候の場合は、赤岳が行者小屋、北横岳は北横岳ヒュッテで開く。開山祭に合わせ、関東圏の登山者でつくる「関東山バッジ愛好会」が5、6日、ピラタス蓼科ロープウェイ山頂駅で、山に関連した約2200種類のピンバッジを並べる「山バッジ展」を開いて盛り上げる。

 一方、原村観光協会も6日午前11時から、阿弥陀岳(2805メートル)山頂で開山祭をする。集団登山の参加希望者は午前6時に舟山十字路に集合。ごみを拾いながら歩く。28日までに村観光協会(電話0266・79・7072)に申し込む。悪天候時は午前7時から、八ケ岳自然文化園で開山祭をする。

 



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun