信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

北ア涸沢診療所の50年たどる 23日に東大で市民講座
2010/01/21 09:46
YAMA201001210114070111864919.jpg

 北アルプス涸沢で毎年夏に「東大涸沢診療所」を開設する「東大医学部鉄門山岳部」は23日、市民公開講座「安全な登山と医学」を東京都文京区の東大本郷キャンパスで開く。1960(昭和35)年に始まった同診療所の50周年を記念して開催。登山に必要な医学の知識を提供するとともに、同診療所の歩みをたどる講座となる。

 第1部は「登山に役立つ医学」と題して、同山岳部のOB2人が講演。赤須孝之・国立がんセンター中央病院外科医長は高山病や低体温症、凍傷など登山で起こりやすい病気やけがの原因や予防法、対処法について話す。前野崇・東大病院リハビリテーション部助教は登山に必要な身体能力のトレーニング法を取り上げる。

 第2部は「東大涸沢診療所における医療-50年の歩み」をテーマにした座談会。東大病院小児外科助教の寺脇幹さんが同診療所が果たしてきた役割と今後の展望を話し、OBの医師らが開設初期の様子などを振り返る。涸沢ヒュッテの小林銀一会長も出席する。

 同診療所には毎年夏、同山岳部の学生とOBの医師が約1カ月にわたり交代で常駐。毎年100人前後の患者を診療している。

 OBの本間之夫・東大病院教授は「診療所での経験を踏まえた、登山に必要な医学についての話を聞ける機会になる」としている。

 午後1時半~4時半。入場無料。問い合わせは同診療所の50周年記念事業事務局(電話03・5800・8911)へ。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun