信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

八ケ岳山麓スーパートレイル 全ルート238キロを公表
2010/01/13 10:28
YAMA201001130113730185809363.jpg

 八ケ岳山麓(ろく)を一周する山歩きコース「八ケ岳山麓スーパートレイル」構想を進めてきた茅野商工会議所(茅野市)などは12日、総延長238キロの全ルートを発表した。じっくり時間をかけて地域の文化や歴史に触れる「歩く旅」を普及させようと、2007年からルート選定を進めてきた。トレイル一帯にある長野、山梨両県(12市町村)の名所や旧跡も訪れることができるようにルートを設定してある。多くの人が利用するようPRに力を入れていく。

 ルートは、北の蓼科山(2530メートル)から南の赤岳(2899メートル)までの八ケ岳連峰を取り囲むように設定してある。比較的手軽に登ることができる蓼科山の山頂もルートに含めたほか、白樺湖畔や車山(1925メートル)一帯も通っている。

 ルート選定は、同商議所と山麓の観光業者らでつくる「八ケ岳山麓スーパートレイル委員会」が中心となって作業を進めた。実際に現地を歩く体験ウオークを企画しながら、既存の登山道や散策路をつないでルートを決めた。

 佐久市の春日温泉や南佐久郡小海町の松原湖、小県郡長和町の長門牧場の周辺など関係市町村や観光団体の要望も取り入れることで、当初計画より40キロ近く長くなった。同商議所によると、国内にある同様のトレイルの中では最長という。

 近く同商議所のホームページにルートを載せるほか、道標を順次取り付けていく。ルート一帯の自然や歴史、伝説などをまとめたガイドブックも作るほか、3月にはスノーシューによる体験ウオークも計画している。年間を通じた活用を考えるNPO法人の設立も予定している。

 トレイル委員長の米川正利さん(67)=茅野市=は「八ケ岳周辺には古くからの文化が残っている。自然保護と結びつけながらアピールしたい」と話している。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun