信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

6年ぶり利用者増 南ア林道バスが今季運行終了
2009/11/10 10:23
YAMA200911100110370103561987.jpg

 伊那市長谷戸台口と北沢峠(2032メートル)を結ぶ市営南アルプス林道バスは8日、今季の運行を終了した。林道管理室によると、今季の延べ利用者数は昨季より1215人多い4万4850人で、6年ぶりに増加。同管理室は「従業員の努力と、休日の高速道路ETC(自動料金収受システム)割引の効果があったのではないか」としている。

 今季は天候不順のため7月の登山客が減ったが、8月は例年並み。9月のシルバーウイークは、350台収容可能な駐車場から車があふれた日もあるという。運休は、台風18号により10月に1日あっただけだった。路面凍結の恐れがあることや沢の堤防工事のため、運行の許可期限より1週間早い8日で終了した。

 最終便で山を下った諏訪市岡村の河西公子さん(75)は「バスから夕焼けに染まった木々が見えてきれいだった。来年も来たい」と笑顔で話した。林道バス運転手の久保田治信さん(57)は「花や木について勉強し、峠までの1時間、お客さんに説明した。楽しかったと声を掛けてもらえるのが一番うれしい。来年もたくさんの人に来てほしい」と期待した。

 最終便利用者には同管理室の下平貞明室長が来季の林道バス優待券などを贈った。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun