信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

八ケ岳うっすら「おしろい」 紅葉、冠雪の景色に満足
2009/11/04 10:14
YAMA200911040110070108262377.jpg

 八ケ岳連峰の阿弥陀(あみだ)岳(2805メートル)や横岳(2829メートル)の山頂付近が3日、雪で白く染まった。ふもとにある原村の八ケ岳中央農業実践大学校の広場では写真愛好家や家族連れが、うっすらとおしろいを塗ったような景色にカメラを向けていた。

 同校によると、朝の気温は氷点下5度。正午すぎでも、日陰になっている建物の屋根には、つららが下がっている所があった。訪れた家族連れなどは白い息を吐きつつ、近くの紅葉と雪をまとった山の対比を楽しんだ。八ケ岳の山小屋によると、10月にも2回冠雪があったという。

 都内の主婦、広井和子さん(75)はこの日が3泊4日の旅行の最終日。「短い間に紅葉も冠雪も見ることができて、来たかいがあった」と喜んでいた。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun