信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

台風去って「冬が来た」 北風吹いて横手山で初冠雪
2009/10/09 15:53
YAMA200910090108770126090927.jpg

 本州を通過した台風18号の影響で、県内には9日朝から冷たい北風が流れ込んだ。山岳では初冠雪を観測し、中南部を中心にこの秋一番の寒さとなった。

 下高井郡山ノ内町の志賀高原・横手山(2307メートル)の山頂では、前夜からの湿った雪がうっすらと積もって凍り付いた。9日午前10時の気温は0度。雪交じりの風速10メートル前後の風が吹き荒れた。

 横手山頂ヒュッテ経営者の高相重信さん(69)は「台風が行った途端に冬が来た」と話す。初の積雪は昨年に比べ10日ほど遅い。

 北アルプス・白馬岳(2932メートル)直下の白馬山荘周辺も吹きだまりができ、7~8センチの初冠雪となった。山荘を運営する白馬館(北安曇郡白馬村)によると、白馬岳の初冠雪は昨年より10日ほど遅いが、平年並みという。

 北ア・槍ケ岳(3180メートル)でも8日昼すぎから雪が舞い始めた。槍ケ岳山荘によると、9日朝の積雪は5センチほどという。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun