信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

白馬岳登山道に避難小屋 雪崩で全壊―再建
2009/09/08 10:01
YAMA200909080106810127739204.jpg

 北安曇郡白馬村は、北アルプス白馬岳(2932メートル)に向かう途中の小雪渓上部に、避難小屋を再建した。旧避難小屋は2006~07年に雪崩で全壊したため、今夏、新しい小屋の建設を進めていた。7日、現地で完成式を開き、村や地元山案内人組合、観光関係者ら約20人が祝った。

 新しい避難小屋は、標高2300メートルほどの登山道脇の以前と同じ場所に造った。木造一部コンクリート造り約6平方メートルで、高さは約3メートルある。内部にはベンチのある避難室などを設けた。「前回雪崩に壊されたので、斜面側はコンクリートの壁で強化した」と村観光農政課。建設費は約1100万円。

 村は小屋の全壊後、登山者の疲労や天候の急変などに対応するための「安全上必要な施設」として再建を決め、再建検討委員会をつくって準備を進めた。村観光農政課は「現地は登山口も頂上も遠い場所。万が一の時に役立ってほしい。今後は維持にも努めたい」としている。

 白馬山案内人組合の降籏義道組合長は「再建されて良かった。ただ、登山者は『小屋があるから安心』という気持ちで無謀な登山をしないようにも心掛けてほしい。あくまで緊急の施設」と話した。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun