信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

長年堆積?10キロ超収集 中アで信大生らごみ拾い
2009/09/08 09:56
YAMA200909080106790114412590.jpg

 中央アルプス・将棊頭(しょうぎがしら)山(2730メートル)の山頂直下にある第三セクター・伊那市観光株式会社経営の「西駒山荘」付近で、信大農学部の泉山茂之准教授(50)=動物生態学=の実習に参加する学生ら12人がごみ拾いをした。さびた空き缶やビニール袋などが10キロ以上集まった。

 泉山准教授は、動植物を見て山岳環境を学ぶ実習を2006年から担当。実習の宿泊などでお世話になっている西駒山荘にお礼を-と3日、学生たちとともに山荘管理人の宮下拓也さん(32)のごみ拾いを初めて手伝った。

 学生たちは、山荘東側の200メートルほどの範囲でごみを収集。缶のデザインなどから約20~30年前に作られたとみられるジュースの空き缶、ビニール袋などを袋に集めた。

 泉山准教授は「以前に登山客が捨てたごみが、雨や雪解けで土が流れ、現れたのではないか」と推測。「何十年も前のごみを集める経験を通して、学生たちにごみを捨ててはいけないと肌で感じてもらいたい」と話した。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun