信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

「階段」整備作業に汗 涸沢の雪渓、例年より残雪多く
2009/08/06 10:17
YAMA200908060104510102353735.jpg

 北アルプスの涸沢は8月に入っても例年より残雪が多く、涸沢ヒュッテ周辺では雪渓を階段状にして登山者が歩きやすくする作業が続けられている。

 同ヒュッテ社長の山口孝さん(61)によると、今年は雪崩が同ヒュッテの下部で止まってしまい残雪が多い。梅雨明け後も天候不順が続き、日照時間が少なかった影響などで雪解けが進んでいない。雪渓に階段を整備する区間は昨年のほぼ倍の200メートルに上っている。

 宿泊客の朝食や部屋の片付けが一段落した後、男性従業員10人ほどが作業に当たっている。雪渓の下部から上部に向けてスコップで雪の階段を作る。氷状になった部分にはチェーンソーも使う。手際良く作業を進める姿に、登山者が「どうもありがとう」と声を掛けていく。

 山口さんは「体力を消耗している中で滑りやすい雪渓を登るのは苦労する。登山者の安全のためにも続けていきたい」と話している。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun