信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

安全な山登りのこつ身に付けて 県山協が8月まで教室
2009/07/10 11:33

 県山岳協会の4支部は7、8月、恒例の夏山登山教室を県内各地で開く。県山岳遭難防止対策協会が共催。昨年夏の富士山の登山者数が過去最高になったことや、20~30代の女性らを中心に若者が山に向かう傾向がみられることから、「安全に楽しく登るこつを経験者とともに身に付けてもらえれば」と参加を呼び掛けている。

 東北信支部の教室は7月25、26日の1泊2日。初日は県望月少年自然の家(佐久市)が会場で、県警山岳遭難救助隊員の救助体験を聞いたりする。26日は蓼科山(2530メートル)に登る。参加費5千円。

 諏訪支部も7月25、26日の1泊2日の日程。八ケ岳連峰の根石岳や硫黄岳を巡りながら、岩場通過の注意点のほか、高山植物について学ぶ。宿泊先はオーレン小屋。参加費1万5千円。

 中信支部は8月2日、「小中学生のためのクライミング教室」を大町市の市運動公園にある県山岳総合センター人工岩場で開く。人工壁のクライミング体験を通じて、岩登りの基礎知識や技術を身に付ける。参加費500円。

 伊那支部は7月25日、入笠山、釜無山で地図、コンパス、高度計などを使って歩く技術を指導する。参加費500円。

 問い合わせは各支部の連絡先=表参照=か、県山協事務局(電話026・226・5415)へ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun