信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

韓国人登山客に日本マナー発信を 松本の総会で確認
2009/06/10 10:35
YAMA200906100100110193746268.jpg

 高山植物等保護対策協議会中信地区協議会は8日、松本市で開き、ハングルの日本登山情報サイトを運営する内野慎一さん(37)=諏訪市=が、2千メートル以上の山がない韓国からの登山者に、高山での登山習慣を教える必要性を訴えた。

 協議会は行政関係者や山小屋経営者らで構成。韓国からの北アルプス登山者が増える一方、山小屋への到着が遅いなどのトラブルもあり、総会に合わせ、内野さんに講演を依頼した。

 総会後に講演した内野さんは、韓国の標高1915メートルの山頂で、人々が肉を焼いて食べ、酒盛りをするのを見た経験を紹介。「日本では登山は技術、体力、精神的にハードなイメージだが、韓国では『お花見』のように大衆的な楽しみ」と説明した。高山は春も雪に覆われていることなども韓国人には想像しづらいとし、「日本人には当たり前のことでも、あえて言わないといけない」と注意を促した。

 山岳ガイドの一人は「文化の違いを知り、(韓国人がマナーに反したことをしても)『日本の登山文化はこうなんだよ』と教えればいいと分かった」と話した。

 総会では、昨年度に無許可採取などをやめるよう1628人を指導、前年度より7%減ったことなどの報告があった。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun