信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

慎太郎祭「雪景色に感動」 北ア・針ノ木岳の開山祝う
2009/06/08 10:00
YAMA200906080099780187105535.jpg

 北アルプス針ノ木岳(2821メートル)下部の針ノ木雪渓で7日、開山祭「第52回針ノ木岳慎太郎祭」があった。地元の大町山岳会、大町山の会、大町登山案内人組合、市観光協会などでつくる実行委員会が主催。好天に恵まれ、県内外から訪れた約230人が夏山シーズン開幕を祝った。

 標高1800メートルほどの雪渓中腹に式典会場を設け、神事などをして登山者の安全を願った。大会長の柳沢昭夫・大町市立大町山岳博物館長(69)は「新緑と空の青色で山が輝いている。針ノ木岳を好きになって何度も訪れてください」とあいさつし、全員で「雪山讃歌」を合唱。多くの参加者が標高約2500メートルの針ノ木峠に記念登山に向かった。

 今年の雪渓は、例年より3~5メートルほど積雪量が少ないという。上田市から家族3人で訪れた山口茜さん(29)は「初めて来ました。ふもとでは体験できない雪景色に感動しました」と話した。

 慎太郎祭は、国内で初めて山案内人組合をつくったり針ノ木岳に山小屋を整備したりした百瀬慎太郎(1892~1949年)をしのんで、毎年この時期に開催している。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun